パソコン豆知識|パソコン Youtube ショートカットキー

ad
キーボード ホームページ製作
ad

キーボード配置

パソコンのキーボード構成(キー配列、名称) (724685.com)

ローマ字入力表_漢字 (conote.info)

スポンサーリンク ドメインバックオーダー

 

ad

単独キーの説明

「NmLk(ニューメリックロック)」キー

・NumLockキーを押して有効にすれば、数字キーで使える。
・Numは、Numeric ニューメリックの略、数字や数値を意味する。
・Lockは、ロックする、固定する。
・数字のキーが使えるようにロックする、数字のキーで固定するキーのこと。

「Pause/Break(ポーズ/ブレイク)」キー

・実行中のプログラムを一時停止するためのキーだったが、Windows ではほとんど使われなくなった。
・「Windows + Pause/Break」で、パソコンのシステム画面を起動させる。

「Insert」キー

・「挿入する、差し込む、挟む」という意味。
・文字入力の際、「挿入モード」と「上書きモード」を切り替えるために使用する。
・通常押さない状態で「挿入モード」になっていて、押すと「上書きモード」になる。

「Home(ホーム)」キー

・スクロール可能なウインドウを操作中に押すと、一発で一番上までスクロールできる。
・「Ctrl + Home」で、一番上の行の先頭に移動する。

「End(エンド)」キー

・スクロール可能なウインドウを操作中に押すと、一発で一番下までスクロールできる。
・「Ctrl + End」で、一番下の行の末尾に移動する。

「Delete(デリート)」キー

・削除する。
・「Ctrl + Z」で、取り消すことができる。
・「Shift + Delete」で、完全削除する。

「PgUp(ページアップ)」キー

・画面上部に移動する。
・「Ctrl + PgUp」で、現在開いているタブを左に切り替える。

「PgDn(ページダウン)」キー

・画面下部に移動する。
・「Ctrl + PgDn」で、現在開いているタブを右に切り替える。

「ScrLk(スクロールロック)」キー

・「矢印」キーを使ってもカーソルの位置や選択されたセルは移動せず、画面の表示範囲だけをスクロールできる設定を切り替えるためのキー。
・「Scroll Lock」、「Scr Lock」と表示している場合もある。

「PrtSc(プリントスクリーン)」キー

・パソコンの画面をコピーし、画像として保存したり、印刷する。
・プリントスクリーンを、画面キャプチャー、スクリーンショット(スクショ)と呼ぶこともある。
・「Print Screen」と表示している場合もある。
・「Alt + PrtSc」で、一番手前の画面だけをコピーする。

「Backspace(バックスペース)」キー

・文字入力中にカーソルのある場所の「ひとつ前(左)の一文字」を削除する。
・「BS」、「Back Space」と表示している場合もある。

「Enter(エンター)」キー

・変換中の文字を確定するときや、選択している項目を決定する。
・「リターンキー」とも言う。

「Shift(シフト)」キー

・「Shift」キーを押しながらアルファベット入力のキーを押すと大文字が入力できる。
・キーボードで数字や記号などが上下に印字されたキーを押すと、下の数字や記号が入力でき、「Shift」キーを押しながらでは上の記号が入力できる。

「Ctrl (コントロール)」キー

・「Control(コントロール)」を略した文字で「制御する」の意味がある。
・アルファベットキーや数字キーとの組み合わせにより Windows を効率的に操作(制御)することができる。

「Alt (オルト)」キー

・「Alternate(オルタネート)」の略で「交互に」といった意味がある。
・このキーだけを押すと、その都度、アプリケーションの表示状態が「交互に」切り替わる場合もある。
・主に他のキーと組み合わせることで様々な機能を実行できる「ショートカットキー」に使用される。

「Esc(エスケープ)」キー

・「Alternate(オルタネート)」の略で「交互に」といった意味がある。

「Tab(タブ)」キー

・入力フォームなどで、項目を移動するときに使うことがある。
・「Shift + Tab」で、前の項目に戻る。

「CapsLock(キャップスロック)」キー

・Capsは、Capital lettersの略。大文字のこと。
・アルファベットを大文字で入力できるように、キーボードを固定する、ロックするということになる。
・一般的に Shiftキーを押しながら、CapsLockキーを押すことで有効になる。
・通常、アルファベットを大文字で入力する場合は Shiftキーを押しながら、大文字にする。例えば aを Aで入力するなら Shiftキーを押しながら aを入力する。

「Fn(エフエヌ)」キー

・ファンクションキーとも言うが、キーボード上段のF1~F12をファンクションキーと言うため、混同しないようにエフエヌキーという呼び方が使われる。
・FNキーと同じ色のキーを押すことで特定のソフトが起動したり、隠れた機能を使う。
・主な操作としては、内蔵の無線LANアダプターのON/OFF切り替え、液晶の明るさの調整、音量の調整、画面のキャプチャ。

 

スポンサーリンク ドメインバックオーダー

 

ad

ショートカットキーとは

・よく使う機能を、簡単なキー操作で実行することのできるキー。
・マウスの代わりにキーを押すことによって、便利な操作ができる。
・マウスを使うよりも、早くできる。


 

 

ショートカットキー|組み合わせ

Shift シフトキー

Shift + スペース  ブラウザーで1画面分上にスクロール
Shift + Tab  「Tab」キーによるフォーカスの移動を逆方向に
Shift + Del  選択したアイテムをごみ箱に移動せず完全に削除

Ctrl コントロールキー

Ctrl + A  文章を全て選択する
Ctrl + B  文字を太字にする
Ctrl + C  コピーする
Ctrl + F  ページ内で文字を検索する
Ctrl + H  文字を別の文字に置換する
Ctrl + P  印刷する
Ctrl + S  上書き保存する
Ctrl + T  新しいタブを開く
Ctrl + V  貼り付ける
Ctrl + W  開いているタブを閉じる
Ctrl + X  切り取りする
Ctrl + Y  ひとつ前の処理をやり直す
Ctrl + Z  ひとつ前の処理を取り消す
Ctrl + Shift + T 閉じたタブ、ブラウザを復活する
Ctrl + PgUp   現在開いているタブを左に切り替える
Ctrl + PgDn   現在開いているタブを右に切り替える
Ctrl + Home   一番上の行の先頭に移動
Ctrl + End    一番下の行の末尾に移動
Ctrl + Shift + N  新しいフォルダーを作成する
Ctrl + Shift + Esc タスク マネージャーを開く
Ctrl + ローラー上下 拡大縮小ズームをする

 

Alt オルトキー

Alt + F4    アクティブなアプリを終了
Alt + Tab  開いているアプリ・ウィンドウの表示
Alt + Ctrl + Del  ロック画面の表示

 

Windowsキー

Windows + 数字 タスクバーの数字番の左のアプリを開く
Windows + D  デスクトップを表示する
Windows + E  エクスプローラーを開く
Windows + M  全てのウィンドウを最小化する
Windows + L  パソコンをロックする
Windows + R  ファイル名指定して実行する
Windows + U  コントロールパネルを開く
Windows + Pause/Break  パソコンのシステム画面を起動させる。

Functionキー F1、F2、F3、…

F1 :ヘルプやサポートを表示する
F2 :ファイルやフォルダの名前を変更する
F3 :ファイルやフォルダを検索する
F4 :アドレスバーを表示 / 操作を繰り返す
F5 :表示内容を更新する
F6 :「ひらがな」に変換する
F7 :「全角カタカナ」に変換する
F8 :「半角カタカナ」に変換する
F9 :「全角アルファベット」に変換する
F10:「半角アルファベット」に変換する
F11:ウィンドウを全画面で表示する
F12:オフィスソフトで、名前を付けて保存する
F12:インターネット画面で、開発者ツールを開く

 

 

ショートカットキー|Excel

【保存版】Excelショートカットキー一覧と活用ポイントを紹介

 

ショートカットキー|Youtube

Shift + 「,」  再生速度が遅くなる
Shift + 「.」  再生速度が早くなる
数字の「1」  10%進む
数字の「8」  80%進む
数字の「0」  最初に戻る
「J」     10秒巻き戻し
「K」     一時停止、再度押すと再開
「L」     10秒早送り
「スペース」  一時停止、再度押すと再開

 

スポンサーリンク ドメインバックオーダー

 

 

パソコン豆知識の関連記事

パソコン豆知識|Google検索、キャッシュ、Web魚拓

パソコン豆知識|PDF編集のやり方 Word、Excelへの変換

パソコン豆知識|Windowsペイントの使い方

タイトルとURLをコピーしました