趣味:Walter Wolf

walter-wolf 趣味
ad

Walter Wolf

Walter Wolf とは

・ウォルター・ウルフ
・1939年10月5日、オーストリアのグラーツ出身。
・カナダの実業家。
・石油掘削機材を販売し、北海油田で財を築き上げた。
・1970年代後半にウォルター・ウルフ・レーシングでF1に参入した。
Walter_Wolf

 

ウォルター ウルフ レーシング ジャパン

・ウォルター・ウルフ氏が世界で唯一公認している企業であると同時に、日本国内における商標登録6026809号の認証取得ウォルター ウルフ レーシング ジャパンとして、幅広い活動をしている。
ウォルター ウルフ レーシング ジャパン 公式サイト

 

ウォルター ウルフ ブランド


 

ウォルター ウルフ レーシング F1

・ウォルター・ウルフが1976年にフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズへの資金面のスポンサーとしてF1に参入。
・1977年から同チームを買収して、コンストラクターとしてF1に参戦したチームおよびコンストラクターである。
・チーム監督はピーター・ウォー。

・ドライバーにジョディー・シェクター、デザイナーにハーベイ・ポスルスウェイトを迎えた。
・ポスルスウェイトによって設計されたウルフ・チーム初のF1マシンであるWR1は、コスワースDFVエンジンを搭載してデビュー戦のアルゼンチンGPで優勝という偉業を成し遂げた。
・同年のモナコ、カナダでもシェクターは優勝し、ドライバーズランキングで2位の成績を残した。
・また1台体制にも関わらず、チームはコンストラクターズランキングで4位となり、高い競争力を持つことを示した。

walter wolf racing F1(ピンタレスト)


 

Suzuki RGΓ

・1983年、2ストロークエンジンを搭載したスポーツ車種であるRG(レーサー・オブ・グランプリの略)シリーズの発展形としてRG250Γが発売され、以降はレーサーレプリカ車種として排気量別に数車種が生産された。
・1998年、販売終了。スズキが販売していたオートバイのシリーズ車種、RG→RGA→RGBの次に”RGC”でなくギリシア文字の3番目でありギリシア語で「栄光」を意味する「ゲライロ」の頭文字のΓを使いRGΓとした。
・1985年5月、全日本ロードレース選手権500ccクラスの水谷勝が搭乗するワークスレーサー、RG500Γと同じウォルターウルフカラーの限定仕様が499,000円で販売された。

Suzuki RGΓ(ガンマ)(ピンタレスト)



 

 

ad

ウォルター ウルフ レーシング F1

フランク・ウィリアムズ

・Sir Frank Williams
・1942年4月16日~2021年11月28日、イングランド出身の実業家。
・モータースポーツ企業「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」の創設者。
・CBE(大英帝国勲章の第3階位)

・1969年、プライベートチームを率いてF1に参戦。
・1976年、石油王ウォルター・ウルフを共同出資者に受け入れた。
・1977年、長年の従業員の1人であったパトリック・ヘッドとともにチームを去った。パトリック・ヘッドと共同で「ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング」を新たに設立。

・1979年、F1参戦を再開し、初勝利。
・1980年、初のコンストラクターズ・タイトルを獲得。
・1981年、連覇。

・1986年3月、フランクは移動中の自動車事故で脊椎損傷を負って、以後車椅子での生活。コンストラクターズ王座を獲得し、ホンダにはチャンピオンエンジンの称号をもたらした。
・1987年、ネルソン・ピケのドライバーズ王座と2冠、ホンダとの契約は打ち切り。
・1991年にギヤボックスをセミオートマティック化、アクティブサスペンション、トラクションコントロールの先鋭技術により、マクラーレン・ホンダからナイジェル・マンセルのドライバーズ王座と合わせて2冠を奪回。
・1993年アラン・プロスト、1996年デイモン・ヒル、1997年ジャック・ビルヌーブをドライバーズ王座に輩出。コンストラクターズ王座は1993、1994、1996、1997年制覇した。

・1994年5月、ウィリアムズ・チームから出走していたアイルトン・セナがイモラで事故死したことを受けて、ウィリアムズはイタリアの法律によって殺人罪で起訴された。
・数年後に、事故によってこのような起訴が行われるならば、イタリア国内ではレースを行わないとの発言を他の参加チームが行なったこともあり無罪となった。

・2020年夏、経営不振などの理由からチームの売却が決定し、同9月初頭付で40年以上務めた代表を正式に退任。ウィリアムズ家はF1界から離脱した。1969年の初参戦から50年、最も長くF1の運営に携わった存在。

フランク・ウィリアムズ

 

ジョディー・シェクター

・ジョディー・デイヴィッド・シェクター
・Jody David Scheckter
・1950年1月29日、南アフリカ出身のレーシングドライバー。
・1979年、F1ワールドチャンピオン。
・2000年にミハエル・シューマッハが達成するまでの21年間、フェラーリでドライバーズ・チャンピオンを獲得した最後のドライバーであった。

・愛称は「リトル・ベアー(小熊)」。兄のイアン・シェクターもF1ドライバーで、息子のトーマス・シェクターはインディカー・シリーズに参戦。

・1977年、参戦を果たしたウルフチームへ移籍。デビュー戦のアルゼンチンGPで優勝。シーズン3勝でランキング2位。
・1978年、低迷。

・1979年にフェラーリへ移籍。いぶし銀の走りで3勝を挙げ、初のワールド・チャンピオンを獲得。チームメイトのジル・ヴィルヌーヴもランキング2位になり、コンストラクターズ・チャンピオンも獲得。
・チャンピオン獲得のため堅実にポイントを稼ぐプロフェッショナルなレース運びをみせた。

・1980年、マシン「312T5」は駄作で、フェラーリはコンストラクターズ10位に沈む。わずか8ポイント。シェクターも走らないマシンに手を焼き、終盤のカナダGPで予選落ち。首脳陣との関係が悪化し、「今のフェラーリはマシンが爆発炎上して粉々になってもドライバーを無傷で守ってくれるほど頑丈なカミオン(トラック)だ」と言い切り、30歳の若さでF1から引退。

 

ジョディー・シェクター

 

ケケ・ロズベルグ

・ケイヨ・エリク・”ケケ”・ロズベルグ
・Keijo Erik “Keke” Rosberg
・1948年12月6日、スウェーデンのストックホルム出身。
・フィンランド国籍で、1982年のF1ドライバーズチャンピオン。

・1978年、セオドール
・1978年、ATS
・1978年~1979年、ウルフ
・1980年~1981年、フィッティパルディ
・1982年~1985年、ウィリアムズ
・1986年、マクラーレン

・異名は、F1ドライバーでは初代となる「フライング・フィン」。

・1978年、第3戦南アフリカGPにて、セオドールからF1デビュー。第8戦スウェーデンGPからの3戦はATS、第11戦西ドイツGPからの4戦はウルフ、第15戦アメリカ東GPからの2戦はATSに戻って参戦した。いずれのチームもマシンの戦闘力は低く、予選・決勝共に下位に沈み、予選落ち1回、予備予選落ち4回。
・当時はF1のターボエンジン全盛期になりつつあり、NAエンジン搭載のウィリアムズ・FW08はストレートスピードでターボ勢にかなわなかったが、安定したシャシー性能で地道にポイントを積み重ねた。また、持ち前の豪快な走りも見せ、第10戦イギリスGPではF1での初ポールポジション(PP)を獲得している。
・第14戦スイスGPでは、ラスト3周でトップに立ち、そのままF1初優勝を記録。

・1979年、前半戦にはシートが無く、第8戦イギリスGPよりウルフから参戦し、9位完走。その後はリタイヤ6回・予選落ち1回と全く完走出来なかった。

・1980年代後半のF1マシンのハイテク・複雑化を嫌い、1986年シーズン終了をもってF1から引退。

・息子のニコ・ロズベルグもF1ドライバーとなり、2012年中国グランプリでF1初優勝を挙げたことにより、ヒル家(グラハム・デイモン)、ヴィルヌーヴ家(ジル・ジャック)に続く3例目の親子2世代F1ウィナーとなった。
・2013年、ニコがモナコグランプリで優勝を挙げたことから、史上初となるF1モナコグランプリ親子2世代ウィナーとなった。
・2016年、ニコがワールドチャンピオンに輝き、ヒル家以来、2例目となる親子2世代F1ワールドチャンピオンとなった。

 

■ケケ・ロズベルグ、ウィリアム時代
ケケ・ロズベルグ

■ケケ・ロズベルグ、ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグ

 

 

ad

Suzuki RGΓ(ガンマ)

フランコ・ウンチー二

・Franco Uncini
・1955年3月9日、イタリア出身。
・1982年、スズキRG500で5勝し、
ロードレース世界選手権500ccクラス世界チャンピオン。
Franco Uncini

Franco-Uncini02

 

水谷勝

・1949年10月7日、愛知県出身。
・1980年代、全日本ロードレース選手権500ccクラスにおいて、スズキのエースライダーとして、ヤマハの平忠彦との壮絶なバトルを展開し、ロードレースを盛り上げた。
・1982年、7戦全勝で、全日本ロードレース選手権500ccクラスチャンピオン。
・1985年から1987年にかけては、ウォルター・ウルフのカラーリングで参戦。suzuki-masaru

suzuki-masaru02

 

ケビン・シュワンツ

・Kevin James Schwantz
・1964年6月19日、アメリカ、テキサス州ヒューストン出身。
・スズキのエースライダー。
・1993年、ロードレース世界選手権500ccチャンピオン。
・1988年から1995年まで、GP通算25勝を記録。
ケビン・シュワンツ

ケビン・シュワンツ

 

RG250Γ Walter Wolf

ワークスカラー、蘇る記憶「RG250Γ Walter Wolf」のご紹介!

スズキRG250Γウォルターウルフ 熱かった時代が蘇る

RG250Γウォルターウルフ 80年代レーサーレプリカ 岬の峠を疾駆する。vol.2

レーサーレプリカブームを作た名車 SUZUKI RG250Γをゆっくり解説【ゆっくりバイク解説】

 

 

ウォルター・ウルフ・カウンタック

・ランボルギーニ・カウンタックは、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが1974年から1990年にかけて製造したスーパーカー。
・ウォルター・ウルフはランボルギーニ・ミウラを4台所有し、ランボルギーニの経営に乗り出そうとしたほどの富豪、ランボルギーニ・マニアだった。
・ウォルター・ウルフのために作られたのが、「ウルフ・カウンタック」。3台作られたといわれている。

ウォルター・ウルフ・カウンタック


 

 

ウォルター・ウルフの関連記事

walter wolf racing F1(ピンタレスト)

Suzuki RGΓ(ガンマ)(ピンタレスト)

【参考文献:Wikipedea】
【2022年6月15日現在】

タイトルとURLをコピーしました