麻雀戦略講座:シャンポン待ちの看破 ノーチャンスが信用できない

ad
麻雀牌 麻雀戦略
ad

ノーチャンスが信用できない

「六萬」対子切りリーチ 【捨牌A】

リーチ

 

「六萬」が4枚見えて、「八萬」がノーチャンス 【手牌B】

自分の手牌Bで、「六萬」が4枚見えている。
両面待ちの「五萬-八萬」待ちは無い。
「六萬」が壁で、「八萬」がノーチャンスになっている。
「八萬」を切ると、当たる場合が多い。

「六萬、八索」のシャンポン待ちリーチ 【手牌C】

相手の手牌Cで、「八萬、八索」のシャンポン待ちに当たる場合が多い。

 

 

ad

シャンポン待ちになる理由を考察

平和を目指して、「六萬」切り 【手牌D】、【捨牌E】

  切り

平和を目指して、「六萬」切り。
シャンポン待ちになるなら、外側の待ちが和了りやすいので、
内側の「六萬」切り。

 

安全牌の「北」をツモで、ツモ切 【手牌F】

北  北切り

安全牌の「北」をツモ。
「六萬」や「八萬」を切るのはロスが大きい。
安全牌の「北」を切る。

 

「六筒」をツモり、聴牌し「六萬」切り 【手牌G】、【捨牌A】

  ツモ 切りリーチ

リーチ

その後、「六筒」をツモり、聴牌し「六萬」切りリーチ。
捨牌が、【捨牌A】のとおりになる。
「八萬、八索」のシャンポン待ちになる。

 

 

ad

シャンポン待ちを警戒する捨牌 【捨牌A】

リーチ

この【捨牌A】で、リーチした時まで、対子落としの「六萬」を引っ張る状況なら、
警戒しなければならない。
リーチ時まで、対子落としの「六萬」が面子候補で必要であるため。
上記のとおり、「八萬」のシャンポン待ちがあるので、
ノーチャンスでも「八萬」は危険になる。

 

 

シャンポン待ちを警戒しなくてもよい捨牌 【捨牌H】

リーチ

この【捨牌H】で、「六萬」対子落としだが、リーチ時まで「六萬」を引っ張っていない。
「六萬」が面子候補でないため、安全牌の「北」切りでリーチしている。
したがって、リーチ前に対子落としを終了している場合、
ノーチャンスの「八萬」が当たる可能性は少ない。警戒しなくてよい。

 

 

シャンポンの関連記事

麻雀戦略講座:混一色のテクニック 字牌が鳴きたいとき 並びシャンポン

 

 

ノーチャンスの関連記事

麻雀戦略講座:壁(ノーチャンス)、ワンチャンス、筋を絡めた考察

 

 

タイトルとURLをコピーしました