麻雀その他:三人麻雀 サンマ 三麻 三人打ち

三人麻雀 麻雀その他
スポンサーリンク

三人麻雀とは

・東家、南家、西家で行う。
・北家が居ない。
・萬子の「二萬」~「八萬」は使用しない。
・チーができない。
・「北」の扱い方が色々ある。

 

 

スポンサーリンク

字牌の割合は25.9%(四人麻雀で20.6%)で、粗末にしてはいけない

字牌は7種類

 

数牌は20種類(四人麻雀は27種類)



 

字牌の割合

字牌の割合は、7種類÷(7種類+20種類)≒25.9%
字牌の割合は25.9%(四人麻雀で20.6%)で、粗末にしてはいけない。

 

 

三人麻雀|「北」の扱い

「北」を抜きドラとして扱う

・「北」は手牌で使えない。
・「北」が来た場合、自分の右側に抜き、「抜ドラ」としてあがった際には1枚につき1飜増しとなる。
・「北」は、役満の時にしか手牌として使えない。役満であがる場合、他家がツモって抜いた「北」で和了できる。

 

「北」を共通役牌として扱う

・「北」は共通役牌として扱う。3枚で1翻になる。

 

「北」をオタ風として扱う

・「北」はオタ風として扱う。「一萬」や「九萬」と同じ扱いになる。

 

 

三人麻雀|点数計算

三人麻雀の点数計算|ツモり損有り

・四人麻雀と同じ計算。
・子の満貫ツモは、親4,000点と子1人2,000点の計6,000点となる。四人麻雀より2,000点少ない。ツモリ損になる。

 

三人麻雀の点数計算|ツモり損無し

・ロン和了の点数になるよう、親が和了した場合には子が支払う点数を折半し、子が和了した場合には親ともう一人の子の支払う点数の割合を「2:1」にする。

親の点数計算表

1翻 2翻 3翻 4翻
20符 [1,100オール] 3,900
[2,000オール]
7,700
[3,900オール]
25符 2,400
[-]
4,800
[2,400オール]
9,600
[4,800オール]
30符 1,500
[800オール]
2,900
[1,500オール]
5,800
[3,000オール]
満貫
12,000
[6,000オール]
40符 2,000
[1,100オール]
3,900
[2,000オール]
7,700
[3,900オール]
50符 2,400
[1,200オール]
4,800
[2,400オール]
9,600
[4,800オール]

 

子の点数計算表

1翻 2翻 3翻 4翻
20符 [600-900] 2,600
[1,100-1,700]
5,200
[2,000-3,300]
25符 1,600
[-]
3,200
[1,200-2,000]
6,400
[2,400-4,000]
30符 1,000
[500-700]
2,000
[800-1,300]
3,900
[1,500-2,500]
満貫
8,000
[3,000-5,000]
40符 1,300
[600-900]
2,000
[800-1,300]
3900
[1,500-2,500]
50符 1,600
[600-1,000]
3,200
[1,100-1,700]
5200
[2,000-3,300]

 

 

三人麻雀|攻略方法

三人麻雀|名古屋サンマ

・二翻リャンハン縛り
・自分の手牌を公開してリーチをかける役、「オープンリーチ」有りで、2翻役
・名古屋サンマでは、「オープンリーチ」は、手牌全てを開ける。
・30,000点持ち、40,000点返し
・赤牌は各1枚
・フリテンリーチ時は強制オープン
・リーチ後の見逃しは禁止
・符計算なし(30符固定100点切り上げ)
・アンカンは和了時に1ハンUP(役にはならない)
・ツモピン有り
・北は常に場風

 

三人麻雀|関東サンマ、東京サンマ、東天紅

・用いる牌は基本的に一九以外の萬子を除いた27種108枚だが、一五九以外の萬子を除いた28種112枚とするルールもある。
・萬子と北はガリという。抜きドラになる。
・筒子や索子の「五」を常時ドラとするルールや、赤牌を各1枚入れて「黒5牌は1点ガリ、赤5牌は3点ガリ」とするルールもある。
・国士無双、四喜和、清老頭の場合のみ、ガリを手牌の中で使ってもよい、とするルールもある。その場合、相手がガリを抜いた瞬間にそのガリに対してロンを宣言できる。
・常に東場。
・点数計算が通常とは異なる。出アガリは1人分、ツモアガリは2人分の収入。
・前局の和了者が次局の親になる。親があがれば連荘となり、積み棒を1本増やす。
・王牌は取り切り(ドラ表示牌の隣の牌までツモりきる)。
・ノーテン罰符は場に10点(1人テンパイなら他2人から5点ずつ)。ただし、流局になることはほとんどない。そのため、ノーテン罰符を重く設定しているルールもある(場に30点など)。また、ノーテン罰符を供託扱いにするルールもある。なお、流局の場合も積み棒を1本増やす。
・フリテンリーチは掛けてもよいが、リーチ後の見逃しはできない。
・オープンリーチは掛けてもよいが、フリテンのオープンリーチはできない。
・基本的には一局清算だが、持ち点を定めて遊ぶことも多い。その場合は持ち点がゼロになったら終了。

関東サンマ、東京サンマ、東天紅の点数

1点|親、積み棒、門前、明槓、ガリ
2点|バンバン(場ゾロ)、暗槓
4点|セット(ガリで同種牌を4枚すべて集める。アラシとも言う)
20点|鳴きカラス(鳴いている状態でガリを一枚も引かずに和了する)
30点|門前カラス(門前の状態でガリを一枚も引かずに和了する)
50点|役満、ガリを全て集める、流し満貫

 

三人麻雀|関西サンマ

・北または花牌が抜きドラであることが多い。
・4枚の「五筒」と4枚の「五索」をすべて赤ドラにしているルールが大半である。「全赤」と通称される。
・数え役満は14翻(場ゾロ込みで16翻)必要と定めていることがある。
・小車輪は6翻役、大車輪は役満としていることがよくみられる。ただし4人麻雀における一般的な定義(大車輪)とは異なっており、小車輪は混一色・七対子の複合形、大車輪は清一色・七対子の複合形に対して与えられる。色の制約はない。
・半荘制、完全先付け、喰いタン無しで行われることが多い。
・連荘は東場はテンパイ連荘(全員ノーテンなら連荘)、南場はノーテンでも連荘とすることが多い。
・ツモあがればツモの2符が付くのでピンフの定義「加符点の無いあがり」ではなくなることから、ピンフは消滅してしまうのが殆どのルールである。
・三色同刻が1か9でしか出来ないため、三連刻と四連刻を採用していることが多い。
・七対子の4枚使いは可としているのが殆どである。
・王牌を14枚残しにせず、ドラ表示牌の横までツモるルールもある。
・ブー麻雀のルールを引用しているため、同巡ツモは不可とするルールが殆どである。
・リーチを掛けた後、ツモった牌を暗カンしなかった場合、チョンボになるルールが殆どである。
・裏ドラは1枚に付き1飜とは別に1枚に付き1枚の裏チップが付き、それは清算時に5000点相当の計算になるのが一般的である。

 

 

三人麻雀|攻略方法

三人麻雀|特長

・一色系の役作りがしやすい。通常は3色使うところを、三人麻雀では2色ですむので、必然的に役が作りやすくなる。
・配牌やツモは、牌の種類が少ないため、非常に良い。
・高い手役ができやすく、高打点によりすぐに飛んで終了になる。
・チャンタやジュンチャンは、チーができないため、できにくい。
・清老頭、四暗刻、国士無双など高い手ができやすい。
・七対子は、牌の種類が少ないため、できやすい。

 

三人麻雀|攻略法

・一色系の役作りがしやすいが、それに捉われずに受入を広くし、速度重視で和了する方がよい。
・七対子ができやすく、「一萬」と「九萬」は、場に切られる可能性が高いため、七対子の単騎待ちに有利。
・リーチの価値が高くなる。牌の種類が少ないため、ツモりやすく、裏ドラものりやすく、一発も増える。ツモの回数が多いため、ツモりやすい。
・ツモられる場合が多いため、攻撃重視で他家に和了される前に、和了しきった方がよい。和了の回数を増やすべき。
・牌の種類が少ないため、人数が少ない分、相手の手が読みやすくなる。先切りや筋待ちの迷彩は意味がなく、牌効率重視がよい。
・牌の種類が少ないため、危険牌の当たる確率が高くなる。
・リーチ者が4枚目を持っている確率は四人麻雀より高いため、ワンチャンスが信用できない。
・シャンポン待ちが多いため、筋やノーチャンスが信用できない。
・安全牌切りリーチは、両面待ちの可能性が高い。
・ツモが効くため、回し打ちができやすい。
・鳴くと回し打ちができなくなる。遠い和了を目指す鳴きは損。
・鳴いて手牌を狭くすると、牌の種類が少ないので、守備力が下がる。完全に降りることができず、降り打ちする場面が増えるので、注意する。

 

三人麻雀|書籍

天鳳位直伝!三人麻雀の極意

■サンマで勝ちたきゃ天鳳位に聞け!
■三人麻雀について、初代天鳳位である\(^o^)/★(オワタ)がその戦術を披露するものです。
■三人麻雀はその競技人口の多さにもかからわず、これまできちんとした戦術書は出ていませんでした。
■そこで今回、天鳳の三人麻雀で頂点に立った\(^o^)/★(オワタ)氏がその極意を披露します。四人麻雀とはひと味もふた味も違うその戦術を本書でぜひマスターしてください。

 

鬼打ち天鳳位の三人麻雀 勝利へのプロセス

■並の四麻打ちが天鳳位へ、その秘密は三麻にあり!
■第14代四麻天鳳位・お知らせ氏による三人麻雀の戦術書です。
■お知らせ氏は三人麻雀も強く、天鳳位の一つ下の十段位を6回も達成。雀魂では頂点の魂天を達成しています。
■三人麻雀は牌が少ない分、押し引きがシビアで牌のカウンティングが有効になります。これを磨いたことで基礎雀力が向上し、四麻の天鳳位達成につながったと言います。
■カウンティングとはポーカーやブラックジャックでは禁じ手とも言われる技術で、麻雀でいうと残りの牌を数えて、押し引きに活かすという戦略です。それを用いた手組や押し引き判断を詳細に解説しています。
■他にも、先制テンパイの判断やベタオリ手順、役牌の扱い方やダマテンのケアなど、三人麻雀はもちろん、基礎雀力が向上するエッセンスが凝縮されています。
■強くなりたい方に向けた、最高峰の戦術書となっています。
■第1章 三麻への入り口
・三麻のルールと天鳳三麻
・ルール対応のこと
第2章 あたりまえのこと
・手組の基準は同じ
・先制テンパイは諦めろ
・ベタオリ手順
第3章 三麻の王道
・ケイテンは屑手
・残りスジの引き
・中盤の押し引き
・ダマテンケア
・スリム化にまつわる基本整理
・役牌との付き合い
第4章 知識あれこれ
・赤切りリーチへの危険度
・タンキは不自由
・メンチン
・2確判断

 

マンガ3人麻雀 女神が教える3麻戦術 ー手作りから押し引きの極意までー

■マンガと図でわかりやすく解説。初心者でも、ルールを覚えながら強くなれる!!
■3人麻雀と4人麻雀のセオリーを徹底比較!!
■タンヤオは狙わない!?
■4人麻雀の練習にもなる?
■一色手は有利!?
■どういうときに鳴いていく?
■初心者から上級者まで読めば勝率アップ間違いなし!!

 

タイトルとURLをコピーしました