花札 花札絵柄 勝つコツ こいこい

hanahuda002 ゲーム
ad
  1. 花札|絵柄
    1. 花札とは
    2. 花札絵柄の一覧
      1. 花札の月|1月 松に鶴
      2. 花札の月|2月 梅に鶯(うぐいす)
      3. 花札の月|3月 桜に幕
      4. 花札の月|4月 藤に不如帰(ほととぎす)
      5. 花札の月|5月 菖蒲(あやめ)に八橋(やつはし)
      6. 花札の月|6月 牡丹(ぼたん)に蝶
      7. 花札の月|7月 萩(はぎ)に猪(いのしし)
      8. 花札の月|8月 芒(すすき)に月・雁(かり)
      9. 花札の月|9月 菊に盃(さかずき)
      10. 花札の月|10月 紅葉(もみじ)に鹿
      11. 花札の月|11月 柳(やなぎ)に小野道風(おののみちかぜ)
      12. 花札の月|12月 桐(きり)に鳳凰(ほうおう)
  2. 花札|親、胴二、ビキの決め方
  3. 花札|共通ルール
  4. 花札|勝つコツ
    1. 場札にある「花見酒」と「月見酒」を狙う
    2. 場札にある「五光」を狙う
    3. 手札にある「花見酒」、「月見酒」、「五光」を狙う
    4. 手札や場札に高い札が無い場合、高い札と同じ月の札の扱い
    5. 安い札の判断
    6. 判断に迷う場合の対応
    7. 相手の手札推理
    8. 「こいこい」の基準
  5. 花札|こいこい
    1. こいこい|ルール
    2. こいこい|ローカルルール
    3. こいこい|出来役|五光
    4. こいこい|出来役|四光
    5. こいこい|出来役|雨四光
    6. こいこい|出来役|三光
    7. こいこい|出来役|花見で一杯、月見で一杯
    8. こいこい|出来役|青短
    9. こいこい|出来役|赤短
    10. こいこい|出来役|猪鹿蝶
    11. こいこい|出来役|短冊(5枚以上)
    12. こいこい|出来役|タネ(5枚以上)
    13. こいこい|出来役|カス(10枚以上)
    14. 親権
    15. こいこい|手役|くっつき
    16. こいこい|手役|手四(てし)
  6. 花札の参考記事
  7. 花札実戦|場所
  8. 花札商品
  9. 任天堂
    1. 任天堂とは
    2. 沿革
    3. 花札・株札
  10. 花札の関連記事

花札|絵柄

花札とは

hanahuda004
・一組48枚に、12か月折々の花が4枚ずつに書き込まれている、日本特有のかるたの一種。
・光札(松桐芒桜雨の絵)5枚、20点札。
・短冊札(短冊の絵)10枚、5点札。
・タネ札(種札、動物の絵)9枚、10点札。
・カス札25枚、1点札。
・「9月菊に盃」の札は、カス札としても数えることができる。
・ローカルルールが多いので、注意。

 

花札絵柄の一覧

【花札一覧】各月に描かれた絵柄の意味と由来|季節を彩る動物・植物

 

花札の月|1月 松に鶴

hanahuda-01
・光札(松に鶴)、赤短冊札、カス札、カス札。

花札の月|2月 梅に鶯(うぐいす)

hanahuda-02
・タネ札、赤短冊札、カス札、カス札。

花札の月|3月 桜に幕

hanahuda-03
・光札(桜に幕)、赤短冊札、カス札、カス札。

花札の月|4月 藤に不如帰(ほととぎす)

hanahuda-04
・タネ札、短冊札、カス札、カス札。

花札の月|5月 菖蒲(あやめ)に八橋(やつはし)

hanahuda-05
・タネ札、短冊札、カス札、カス札。

花札の月|6月 牡丹(ぼたん)に蝶

hanahuda-06
・タネ札(牡丹に蝶)、青冊札、カス札、カス札。

花札の月|7月 萩(はぎ)に猪(いのしし)

hanahuda-07
・タネ札(萩に猪)、短冊札、カス札、カス札。

花札の月|8月 芒(すすき)に月・雁(かり)

hanahuda-08
・光札(芒に月)、タネ札、カス札、カス札。

花札の月|9月 菊に盃(さかずき)

hanahuda-09
・タネ札(菊に盃)、青短冊札、カス札、カス札。
・「9月菊に盃」の札は、カス札としても数えることができる。

花札の月|10月 紅葉(もみじ)に鹿

hanahuda-10
・タネ札(紅葉に鹿)、青冊札、カス札、カス札。

花札の月|11月 柳(やなぎ)に小野道風(おののみちかぜ)

hanahuda-11
・光札(柳に小野道風(書道の神))、タネ札、短冊札、カス札。

花札の月|12月 桐(きり)に鳳凰(ほうおう)

hanahuda-12
・光札(桐に鳳凰)、カス札、カス札、カス札。

 

 

ad

花札|親、胴二、ビキの決め方

koikoi_game200
・札をよく切った(シャッフル)後、3人に一枚づつ配る。
・札の月が早い順から、もし同じ月なら、点数の大きい順でもっとも高い者が親となる。
・点数も同じ場合、再度引き直す。
・親(1人目)、胴二(どうに:2人目)、ビキ(3人目)の順番。
・親が、子の手札(裏向け)→場(表向け)→親の手札(裏向け)の順に2枚ずつ配る。各手札8枚、場に8枚(手八の場八)の状態にする。残りは、山札として裏を向けて積んでおく。

 

 

ad

花札|共通ルール

koikoi0100
・「各プレイヤー」と「場」に4枚ずつ2回に分けて配る。余った「山札」は、中央に置く。
・「各プレイヤー」は、各8枚を手持ち札する。「場」に置いた8枚の札は表にする。
・各プレイヤーは、親「先手」と、子「後手」を決める。
・「先手のプレイヤー」は、「場」に出ている札を見て、「手持ちの札」と同じ花・月があったら「手持ち札」から出して「場の札と手持ち札」の2枚を獲得できる。
・「場」に出ている札と「手持ちの札」で出せる札がない場合は、「手持ちの札」から1枚「場」に置く。
・「山札」から1枚めくり、「場」に出ている札と同じ月がある場合は、「めくった札と場の札」2枚を獲得できる。
・「めくった札」も「場」にない場合は、「場」にそのまま置き、次のプレイヤーの番となる。
・この手順を繰り返し、役が出来るまで繰り返す。

 

 

花札|勝つコツ

場札にある「花見酒」と「月見酒」を狙う

花見で一杯、月見で一杯
・「花見酒」と「月見酒」が二枚役のため、「菊に盃」>「桜に幕」>「芒に月」を優先的に取る。
・その高い札が場札にある場合、最優先で取る。
・ただし、相手が絶対に取れない札は、後回しにする。

 

場札にある「五光」を狙う

五光
・光札の優先順位は、「桜に幕」>「芒に月」>「松に鶴」>「桐に鳳凰」>「柳に小野道風」の順番。「桜に幕」は、赤短阻止のため、「芒に月」より優先する。
・その高い札が場札にある場合、次に優先で取る。
・ただし、相手が絶対に取れない札は、後回しにする。

 

手札にある「花見酒」、「月見酒」、「五光」を狙う

・高い札を手札に残すと、最後に捨てることに場合があるため、取れる時に取っておく。
・ただし、相手が絶対に取れない札は、後回しにする。

 

手札や場札に高い札が無い場合、高い札と同じ月の札の扱い

・手札や場札に高い札が無い場合、高い札と同じ月の札は捨てない。捨てて取られる場合が有るため。

 

安い札の判断

hanahuda-04 hanahuda-05
・「4月の藤」、「5月の菖蒲」は大役に絡まないので、一般的に安い。
・ゲームの進行により、大役ができない場合の月の札は安くなる。
・例えば、「三光」ができない場合の「11月の柳に小野道風」は安くなる。
・例えば、「猪鹿蝶」ができない場合の「7月の荻に猪」は安くなる。

 

判断に迷う場合の対応

・札を取れず手札を場に出す場合、相手が取れない札を優先して捨てる。
・相手が手札を取れずに場に札が出た場合、出た札を優先的に取る。

 

相手の手札推理

・相手のねらい役、持ち札を推理し、阻止していく。
・場札の「菊に盃」を取らない場合、相手は9月の札を持っていないと推理。
・場札の「桜に幕」を取らない場合、相手は3月の札を持っていないと推理。
・場札の「芒に月」を取らない場合、相手は8月の札を持っていないと推理。
・つまり、手札は残りの1、2、4~7、10~12月で構成されていると推理。
・例えば、1月や2月の場札を取るか取らないかで、さらに手札構成を推理。
・相手が高い札のカスを手札から捨てた場合、同じ月の高い札を持っていると推理し、その関連する大役の完成を諦める。

 

「こいこい」の基準

・「こいこい」の基準は、相手に役ができるかどうかでなく、自分に追加役・点ができるかで「こいこい」をする。
・親は、最初に札が取れるため、親を続けること。
・「こいこい」を繰り返すことで、一度の大勝ちを狙っていく。
・詳細は、「こいこい」の記事を参照。

 

 

花札|こいこい

こいこい|ルール

「花札|共通ルール」のとおり。
・役が出来たプレイヤーは、その時点で継続する『こいこい』と、継続しない『終了』の選択をする。
・相手の確定札を確認し、まだ継続して点数を増やせそうならば、『こいこい』をする。
・相手の確定札で役が揃いそうならば、『終了』する。
・『終了』を選択した場合は、出来た役を計算をして合計点数を出す。
・1プレイ毎に合計点数を出して、加算していく。
・ゲームする毎に繰り返していく。

【花札2人】「こいこい」のルールと役一覧・点数表|月札の覚え方・PDF付き

 

こいこい|ローカルルール

・相手が「こいこい」で、自分が「勝負」して得点が2倍になる。「倍返し」。
・「点数が7点以上」なら、得点が2倍になる。
・12回でなく、3回、6回で終わる。

 

こいこい|出来役|五光

五光
・光札全てを集めた役。
・10点。
・ローカルルールで15点。

 

こいこい|出来役|四光

四光
・光札から11月柳の光札を除いた4枚役。
・8点。
・ローカルルールで10点。

 

こいこい|出来役|雨四光

雨四光
・11月柳の光札と、それ以外の光札4種の内3種で構成する役。
・7点。
・ローカルルールで8点。

 

こいこい|出来役|三光

三光

・11月柳の光札以外の光札4種の内3種で構成する役。
・5点。
・ローカルルールで6点。

 

こいこい|出来役|花見で一杯、月見で一杯

花見で一杯、月見で一杯
・花見で一杯は、3月桜の光札と9月菊のタネ札の役。5点。
・月見で一杯は、8月芒の光札と9月菊のタネ札の役。5点。
・花見で一杯又は月見で一杯は、2枚で構成する役。

 

こいこい|出来役|青短

青短
・6月牡丹の青短冊、9月菊の青短冊、10月紅葉の青短冊の役。
・5点。
・ローカルルールで6点。

 

こいこい|出来役|赤短

赤短
・1月松の赤短冊、2月梅の赤短冊、3月桜の赤短冊の役。
・5点。
・ローカルルールで6点。
・花合わせでは、「裏菅原」という。

 

こいこい|出来役|猪鹿蝶

猪鹿蝶

・7月萩の猪、10月紅葉の鹿、6月牡丹の蝶の役。
・5点。

 

こいこい|出来役|短冊(5枚以上)

短冊
・短冊札が5枚以上の役。
・短冊札は、全部で10枚有り、全部で9枚のタネ役より作りやすい。
・5枚で1点。1枚増える毎に1点増える。

 

こいこい|出来役|タネ(5枚以上)

タネ
・タネ札が5枚以上の役。
・タネ札は、全部で9枚有り、全部で10枚の短冊役より作りにくい。
・5枚で1点。1枚増える毎に1点増える。

 

こいこい|出来役|カス(10枚以上)

hanahuda-13

・カス札が10枚以上の役。
・タネ札は、全部で25枚有る。
・10枚で1点。1枚増える毎に1点増える。

 

親権

・どちらも「勝負」をせず、札がなくなって流れた場合、親に6点。

 

こいこい|手役|くっつき

hanahuda-14
・ゲーム開始前に確認する手役。
・札が配られた時点で同じ月の札が2枚づつ4組揃う役。
・6点。
・ローカルルール。

 

こいこい|手役|手四(てし)

hanahuda-15
・ゲーム開始前に確認する手役。
・札が配られた時点で同じ月の札が4枚揃う役。
・6点。
・ローカルルール。

 

 

花札の参考記事

UCHI NOTE 花札|鳥 花札絵柄の疑問を解説

花札|クロガネ

京都大石天狗堂|花札の謎シリーズ

 

 

花札実戦|場所

花札こいこい 定番花札ゲーム 初心者でも楽しい 花鳥風月|Google Play

 

 

花札商品









 

 

任天堂

任天堂とは

nintendo001
・ゲーム機ハード、ソフトで総合首位。
・スタートは、「花札」。

任天堂株式会社
nintendo-stock001
【任天堂株価 日足 令和4年7月25日】
・100株単位の株式売買のため、600万円必要。

 

沿革

・1889年 (明治22年) 山内房治郎が、京都市下京区にて花札の製造を開始。
・1902年 (明治35年) 日本初のトランプ製造に着手。
・1983年 (昭和58年) 「ファミリーコンピュータ」発売。
・2011年 (平成23年) 「ニンテンドー3DS」発売。
・2012年 (平成24年) 「Wii U」発売。
・2017年 (平成29年) 「Nintendo Switch」発売。

 

花札・株札

任天堂|花札・株札

 

 

花札の関連記事

花札 八八

花札 花合わせ

花札 六百間

花札|ピンタレスト

タイトルとURLをコピーしました