麻雀著名人:本そういち|麻雀無限会社39 ZANK 萬ONE

麻雀無限会社39 ZANK 麻雀著名人
ad

本そういち

本そういち|人物像

・本名:須本 壮一(すもと そういち)
・漫画家
・1963年8月16日~ 神奈川県川崎市出身
・日本大学高等学校卒業
・在学中に岡崎つぐおのアシスタント
・竹書房の麻雀雑誌の企画で、最高位戦のプロ雀士試験を受験したところ合格。日本プロ麻雀協会が最高位戦から分裂した際に日本プロ麻雀協会に移籍。
・主な著作は、「麻雀無限会社39 ZANK」、「フリー雀荘最強伝説 萬ONE」、「麻雀新世紀 赤の伝説」、「カキヌマの時代」。

麻雀団体リンク:日本プロ麻雀連盟 日本プロ麻雀協会 最高位戦 麻将連合-μ-

 

須本壮一(本そういち) 公式Twitter

須本壮一(本そういち) 公式Twitter

 

ad

麻雀無限会社39 ZANK

麻雀無限会社39 ZANK|作品情報

■原作:安藤満
■作画:本そういち
■近代麻雀オリジナル 2002~2006年
■出版社:竹書房
■2010年10月より、タイトルを『麻雀無敵道ザンク 「無限会社39ZANK」激闘録』と改め、コンビニコミックで再版。
■東条ガンジー
主人公。ザンクにおける「日払いのプレイヤー」。フリー雀荘や賭場で”仕事”をし、短期の利益を上げることを業務とする。自身のツキの切れ目を感じ取る能力に長けており、「負ける前に席を立つ」ことを徹底している。そのため、同じ相手と何度も戦う舞台では無類の強さを誇るが、逆に戦う相手を選べない大会麻雀は不得手である。
■高井理一郎(たかい りいちろう)
もう一人の主人公。 ザンク創設を提案した張本人で、ザンクにおける「年俸のプレイヤー」。ザンクの事務・管理全般及び、麻雀大会での賞金稼ぎを業務とする。明晰な頭脳と理論を武器として「目に見えない次のトップを取る」ことを徹底しており、一戦ごとにその都度運を高めていく能力に長ける。7 – 8割の確率で決勝へと進む「大会麻雀のスペシャリスト」だが、一方でフリー雀荘や賭場の「タバコ臭い」雰囲気を生理的に受け付けず、その方面はガンジーに一任している。

 

麻雀無限会社39 ZANK(1)

■若き麻雀打ち2人が、フリー部門と大会部門のスペシャリストとして会社を設立。
■新世紀本格闘牌漫画。。
■社員寮に引越し当日内定取り消し。
■さあ、どうする!?
■麻雀で喰う会社、発進。

 

麻雀無限会社39 ZANK(2)

■目に見えない、次のトップを獲る。
■大会麻雀のエキスパート・高井理一郎。
■負ける前に、席を立つ。フリー麻雀の凄腕・ガンジー。無敵道の快進撃が始まる。
■若き麻雀打ち2人が、フリー部門と大会部門のスペシャリストとして会社を設立。
■新世紀本格闘牌漫画。

 

麻雀無限会社39 ZANK(3)

■オレ達ゃ世界初の麻雀を打つコトが仕事の会社だぜ。
■表と裏の麻雀無敵道を驀進する高井とガンジー。
■若き麻雀打ち2人が、フリー部門と大会部門のスペシャリストとして会社を設立。
■新世紀本格闘牌漫画。

 

麻雀無限会社39 ZANK(4)

■デカい金を掴んでやる。
■「無限会社39ZANK」激闘録。
■若き麻雀打ち2人が、フリー部門と大会部門のスペシャリストとして会社を設立。
■新世紀本格闘牌漫画。

 

麻雀無限会社39 ZANK(5)

■高レート無敵道をゆくガンジーの前に、強敵出現。
■その名は、涼樹。
■使うは、死に牌打ち。
■若き麻雀打ち2人が、フリー部門と大会部門のスペシャリストとして会社を設立。
■新世紀本格闘牌漫画。

 

麻雀無限会社39 ZANK(6)

■デカい金を掴んでやる
■「無限会社39ZANK」激闘録。
■今度の賭場はケタがちがうぜ。
■若き麻雀打ち2人が、フリー部門と大会部門のスペシャリストとして会社を設立。
■新世紀本格闘牌漫画。

 

麻雀無限会社39 ZANK(7)

■スポンサーをゲットした高井は、TV業界・プロ麻雀界を巻き込んで1,000万対局プロジェクトに動き出す。
■一方ガンジーは、現役トップに君臨する代打ち・涼樹が操る「死に牌打ち」攻略のため上海へ。
■そして社運を賭けた大勝負・涼樹vsガンジー。
■新世紀本格闘牌漫画クライマックス。

 

麻雀無限会社39 ZANK(8)

■死線を超えるのは、どっちだ!?
■若き麻雀打ち2人の戦いもついに最終章へ。
■新世紀本格闘牌漫画完結編。

 

 

ad

フリー雀荘最強伝説 萬ONE

フリー雀荘最強伝説 萬ONE|作品情報

■作画:本そういち
■近代麻雀 1997~2002年
■出版社:竹書房
■大学生・萬は、先輩「ホクトのケン」に誘われてフリー雀荘デビューをする。
■ケンのライバル「赤い彗星の西」に勝負を挑む萬だが…!?

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(1)

■大学生・萬は、先輩「ホクトのケン」に誘われてフリー雀荘デビューをする。
■ケンのライバル「赤い彗星の西」に勝負を挑む萬だが…!?

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(2)

■雀荘で10連勝した賞品としてケンとラスベガス旅行に行った萬。
■そこにはなんと「赤い彗星の西」の雀荘があった!!
■「リンカラ台」「テケテケ台」の秘密とは?

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(3)

■フリー雀荘のカードを50枚集めると、入ることができる会員制クラブ「スターズ」。
■萬はそのVIPルーム目指して、「白ポッチの白木」と戦う!

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(4)

■マスターカード5枚を手に入れ、VIPルームに突入した2人。
■そこで待っていたのは、またもや「赤い彗星の西」だった。
■そして終わりのない戦いが始まる!!

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(5)

■「終わりのない戦い」を終わらせようと必死の闘牌を続けるケン。
■その前に立ちはだかるさる少年は、萬に「コンビ打ち」の話をもちかけるが…!?

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(6)

■萬の不甲斐無い姑息な戦略によって、追い詰められたケン。
■オーラスの大逆転なるか!?
■一方、モニタールームでは不気味に観戦する影の人物。
■VIPルーム編佳境!!

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(7)

■強豪相手に予想外の健闘を続ける萬。
■流れにのったかのようにアガリまくるが、実はのったのはウィルの手の上。
■対するケンは必死に巻き返しを図るが…。
■はたして、ウィルの目論見は!?
■キーパーソンは君だよ、メガネくん。
■萬ピンチ!!

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(8)

■萬、崖っぷち!!!!!
■乾坤一擲のケンのリーチに、ウィルも勝利宣言のリーチ!!
■ギャラリーの予想に反したウィルの打牌の狙いはケンではなく、萬の放銃を誘い出すことだった!!
■ムジン点棒支配機と化した萬、絶体絶命のピンチ!!

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(9)

■まだ、生きているのか!?
■ホクトのケン!!
■ウィルの構成、萬の奇蹟の復活和了。
■ケンの運気は下がる一方かと思われたが、出た!!
■ここ一番!!疾風怒濤のダブルリーチ!!

 

フリー雀荘最強伝説 萬ONE(10)

■「VIPルーム編」大団円!!
■萬の乾坤一擲なるか!?
■南4局オーラス!!
■この局で全てが決まる!!
■伝説にむかって最期のサイは振られた。
■ケン、ウィル、さる少年、そして萬の熱き闘牌の決着は!?
■最強伝説がこの1局で創られる!!

 

 

麻雀新世紀 赤の伝説

麻雀新世紀 赤の伝説|作品情報

■原作:福地誠
■作画:本そういち
■近代麻雀 2000~2001年
■出版社:竹書房
■『フリー雀荘最強伝説萬ONE』に登場した人気キャラ、「赤い彗星の西」を主人公としたスピンオフ作品。

 

麻雀新世紀 赤の伝説(1)

■『フリー雀荘最強伝説萬ONE』に登場した人気キャラ、「赤い彗星の西」を主人公としたスピンオフ作品。
■過去に敗北を喫した「ホクトのケン」にリベンジマッチを挑む形で登場する西が、その敗北から再戦までの空白期間である、「ホクトのケン」を倒す力を身に付けるために、日本各地の強豪と戦う修行の旅を追った旅打ち物語!
■赤牌を自在にあやつるところから赤い彗星の西と呼ばれている男。
■東京歌舞伎町。

 

麻雀新世紀 赤の伝説(2)

■過去に敗北を喫した「ホクトのケン」にリベンジマッチを挑む形で登場する西が、その敗北から再戦までの空白期間である、「ホクトのケン」を倒す力を身に付けるために、日本各地の強豪と戦う修行の旅を追った旅打ち物語!
■名古屋へ。

 

麻雀新世紀 赤の伝説(3)

■過去に敗北を喫した「ホクトのケン」にリベンジマッチを挑む形で登場する西が、その敗北から再戦までの空白期間である、「ホクトのケン」を倒す力を身に付けるために、日本各地の強豪と戦う修行の旅を追った旅打ち物語!
■大阪へ。

 

 

カキヌマの時代

カキヌマの時代|作品情報

■原作:田村洋平
■作画:本そういち
■リイドコミック 1998~1999年

 

カキヌマの時代(1)

■大手銀行を突然解雇された松岡。
■リストラは、松岡と同時に解雇されたカキヌマの進言によるものだったことがわかる。
■カキヌマに騙された松岡は、退職金を手にフリー雀荘経営をすることになるが・・。

 

カキヌマの時代(2)

■カキヌマと共に始めた雀荘経営だったが、店にはカンコ鳥が鳴いていた。
■カキヌマと松岡は、なんとか客を獲得しようと街に繰り出し、そこで出会った女子高生に、カキヌマは脱衣麻雀を提案し!?
■意外と乗り気になる彼女たちだったが・・。

 

タイトルとURLをコピーしました