麻雀戦略講座:ドラの合わせ打ちの是非 早和了したい場合 点数が必要な場合

ドラ 麻雀戦略
スポンサーリンク

ドラを合わせ打ちするメリット 早和了したい場合

他家がドラの「発」を切った状況|早和了

【自家手牌】

・「発」がドラで、他家がドラの「発」を切った。
・誰もポンしなかった。

・ドラの「発」を鳴かれるのを嫌って保持していた。
・ドラを合わせ打つか?

 

ドラが使えない早和了の手牌


ツモ 切り

・平和を目指すため、ドラを切った方がよい。
・トップ目で早和了したい場合、手を目一杯広げたいため、ドラを切った方がよい。

 

 

スポンサーリンク

ドラを合わせ打ちしないメリット 点数が必要な場合

他家がドラの「発」を切った状況|点数必要


・「発」がドラで、他家がドラの「発」を切った。
・誰もポンしなかった。

・ドラの「発」を鳴かれるのを嫌って保持していた。
・ドラを合わせ打つか?

 

ドラを使って点数が必要な手牌


ツモ 切り

・点数が欲しい場合、ドラは切らない方がよい。
・ポンしないということは、2枚持っている人がいない場合が多い。
・山に眠っており、ツモる可能性がある。
・例外は七対子等の2枚持ちで聴牌している場合だが、この可能性は少ない。

・平和かリーチのみだけになりそうであるため、ドラの重なりを期待しつつ、ドラ2やドラ3で使えるようにしておく。
・以下のとおり、ドラ2以上の手牌なら高い点数が期待できる。

九索


 

 

ドラを合わせ打ちしないメリット 安和了を抑制

・また、ドラが1枚出た後、巡目を経過すると、2枚目が出ないと、当たりになるのを警戒し、進行の遅い場になり、流局の可能性が高くなり、点数が少ないときは、安和了を抑制するため、メリットになる。

 

 

ドラの関連記事

麻雀戦略講座:ドラと両面待ちの優先順位 赤ドラ入りのルールが多い。

 

麻雀戦略講座:ブラフ 混一色を狙う 全帯幺を狙う ドラを少々音を立てて切る ドラが出たらポン

 

麻雀戦略講座:三色の同時性 四、六が見えている場合 一、九がドラの場合

 

麻雀戦略講座:ドラ講座 ドラを故意にポンさせる 裏ドラの乗せ方、回避方法

 

麻雀戦略講座:赤ドラ入りで狙う役・損な役・赤ドラ切りの待ち

 

麻雀戦略講座:字牌の重要性1 安全牌、特急券、役満、字牌の保有推理、役牌ドラ対子捨牌

 

タイトルとURLをコピーしました