麻雀著名人:小倉孝 3、4期雀竜位 7期雀王 ポーカープレイヤー

小倉孝 麻雀著名人
スポンサーリンク

小倉孝 人物像

小倉孝 人物像

・日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士。
・第3期、第4期雀竜位、第7期雀王。
・1982年9月27日 千葉県出身。
・2012年、WSOP(世界的ポーカーイベント)$10,000で日本人最高の64位。
・2018年、APPTマカオで優勝し、賞金ランキングで日本人2位。

 

小倉孝 (@ogurin1982) | Twitter

 

 

ギャンブラーおぐら -Youtube

 

小倉孝、倍満条件クリア!!【麻雀最強戦2016】 -Youtube

小倉孝、倍満条件クリア!!【麻雀最強戦2016】

 

てんちむCH|タワマンさん、遂に顔出しで正体公開【ガチ】 -Youtube

・小倉孝(タワマンさん)とてんちむとの関係

タワマンさん、遂に顔出しで正体公開【ガチ】

 

 

スポンサーリンク

小倉孝 作品集

最強デジタル麻雀

■出版社 マイナビ
■出版年月日等 2009年3月
■本物のデジタル雀士小倉孝が遂にここに明かすデジタル麻雀の真のセオリー
■小倉孝プロはプロ1年目で日本プロ麻雀協会のビッグタイトルである第3期雀竜位を獲得し、以後も第4期雀竜位、第7期雀王など数々のタイトルを獲得した若きトッププロ。
■「デジタル麻雀」の真髄と言うべき打ち方を披露。
■また、自らも強豪プロである土井泰昭氏の手によってその打ち筋の斬新さ、優秀さがわかりやすく解説されています。
■「字牌はダブ東から切る」「マンガン以上でもリーチをかける」などいままであなたが正しいと思っていたことがあっさりと否定される、まさに目からウロコの一冊です。
■第1章:デジタル麻雀の基本手順・手筋
■第2章:小倉システム 牌組編
■第3章:小倉システム リーチ編
■第4章:小倉システム 仕掛け&赤ドラ編
■第5章:小倉システム 押し引き編
■第6章:小倉システム 読み編
■第7章:小倉システム 実戦・何を切る

 

最強デジタル麻雀 実戦問題集

■出版社 毎日コミュニケーションズ
■出版年月日等 2009年11月
■最強デジタル麻雀はツキや流れをみず、打点、速度、守備力を主体に打牌選択を判断する戦法だ。
■そして、その定石を数値化したのが、小倉システムなのである。
■その最先端の戦術で多くの麻雀ファンを魅了した前著「最強デジタル麻雀」の実戦編にあたるもの。
■前著に描かれた戦術を基に、実戦で誰もが悩む問題に対して、小倉システムを駆使して次々に結論を出していく。
■実戦問題の前に、例題で小倉流戦術の簡潔な説明をするので、前著を読んでいない読者も十分に楽しめる内容となっている。
■本書を読んで最強のデジタル雀士、小倉孝プロの戦術をマスターしてください。
■第1章:デジタル麻雀の基本
■第2章:小倉システムの基本
■第3章:実戦問題・何を切る? ~小倉システム~
■第4章:実戦問題・何を切る? ~雀王決定戦~

 

シンプルに勝つ!最強小倉システム

■発売日 2012年11月
■出版社 マイナビ麻雀BOOKS
■ネット麻雀からプロデビューして連戦連勝、ノンストップで日本プロ麻雀協会の最高タイトル「雀王」を奪取したカリスマ雀士、小倉孝。
■前著「最強デジタル麻雀」は小倉プロがツキ、流れを完全否し、麻雀の目に見える部分のみを確率的、論理的に解明した、デジタル系の麻雀書籍の一つの到達点でした。
■本書では、前著からさらにデジタル的に洗練された小倉システムの手順を麻雀の各ルールに則って説明、状況に応じた最善手を追及する。
■また、点棒だけでなく、祝儀を含めて、トータル的に勝つ手順も説明し、さらに小倉プロの最大の武器ともいえる鉄のメンタルについても言及する。

 

ポーカーの関連記事

ポーカー:ポーカー全般

 

ポーカー用語集、ポーカー用語辞書、ポーカー用語辞典

 

タイトルとURLをコピーしました